募集要項
よくある質問
5月20日追記:二次募集の募集期間を追加しました。

令和3年度対馬グローカル大学受講生募集要項

■対馬グローカル大学とは

対馬グローカル大学は、大学との連携でゆかりのある専門家や島内外の実践家を講師に迎え、環境、社会、経済・ビジネスなど幅広く学ぶ場です。インターネット、スマートフォン、タブレット、パソコンがあれば、いつでも、誰でも、どこからでも受講できます。

■開講の趣旨

対馬グローカル大学の「グローカル」とは、グローバルとローカルを合わせた語で、地球規模の視野で課題解決を考え、地域の持続的な発展のために行動することを言います。持続可能なしまづくり、つまりSDGsの推進にはそうした視野と行動力が必要不可欠であり、SDGsゴール4「質の高い教育をみんなに」の重要な施策として対馬グローカル大学を開講します。

■受講資格
(1)対馬市民(高校生以上)
(2)対馬出身者
(3)両親もしくは親のどちらかが対馬出身者であるなど、対馬に縁のある方
(4)転勤等で対馬に居住したことがある方
(5)調査研究、実習などで来島した経験を持つ対馬ファン、対馬リピーター
(6)持続可能性ゼミ、SDGs実践塾での来島を前提とした大学生等
(7)その他、学長(市長)が特に認めるもの

■受講料

 無料。ただし、受講に必要なパソコン、webカメラ、ヘッドセット(ヘッドホンとイヤホンが一体となったもの)、インターネット環境は各自ご用意いただきます。また、ゼミで必要な教材費、現地実習時の交通費は受講生負担とします。

■受講期間

 令和3年6月~令和4年3月までの10か月間。3月6日(日)に発表大会と修了式を開催します(予定)。

■修了認定

 ゼミ受講生に対し、学長(市長名)で修了証書を授与します。

 (web講義のみの受講者には授与しません)

■学びの体系

6月から3月までの10か月間、①web講義、②オンラインゼミ、③仮想研究室を通じて、受講生、教員、スタッフが交流しながら学習、協働作業に取り組みます。

6月3日(木)19時~20時、受講に関するオリエンテーションをオンラインで開催します。可能な限りご参加ください。

①web講義

 Web講義では対馬での研究成果などを通じて、環境、社会、歴史文化、経済など幅広く学ぶことができます。

講師と受講生が双方向で交流できる「ライブ講義」(Zoom使用)、いつでも好きな時に学べる「オンデマンド講義」(YouTube使用)を使い分けながら受講生のペースで学習に取り組むことができます。※web講義のみの受講も可能です。

②オンラインゼミ

ゼミは、大学教員等のサポートを受けながら、ゼミ生が主体的に少人数で学び合う場のことを言います。主に対馬と連携協定を締結する大学の先生方に協力いただき、環境ゼミ、まちづくりゼミ、教育ゼミ、ビジネスゼミ、持続可能性ゼミ、食ゼミ、ものづくりゼミ、高校生ゼミの8つを設けます。

受講生はいずれかのゼミに所属し、それぞれのテーマに従って月1回ゼミ活動に取り組んでいただきます。うち1回は対馬での現地実習を予定しています(新型コロナウイルスの状況により延期・中止になることもあります)。また、発表大会ではゼミごとにゼミ生による発表を行います。

ゼミ生では、テーマに沿った活動を行いますが、各受講生が課題意識を持って主体的にゼミに取り組みます。ゼミの活動テーマと並行して個人のテーマに取り組める場合もあります。

令和3年度 ゼミ一覧

ゼミ名講師所属定員ゼミ開曜日・ 時間帯(予定)
環境清野聡子九州大学大学院工学研究院 准教授5~10名平日夜 (19時~21時)
社会出水 薫九州大学大学院法学研究院 教授5~10名都度調整
ビジネス山口純哉長崎大学経済学部 准教授5~10名都度調整
教育阿部 治 平山俊章(公社)日本環境教育フォーラム 専務理事 ESD教育者5~10名平日夜 (19時~21時)
内野昌孝東京農業大学応用生物科学部 教授5~10名平日日中 (14時~16時)
持続可能性川口幹子(一社)対馬里山繋営塾 代表理事10~15名平日夜 (19時~21時)
ものづくり帯金康夫対馬市SDGs推進室 SDGs研究員5~10名休日日中
高校生高田 陽対馬市SDGs推進室 学生研究員15名平日夕方

※ゼミ開講曜日と時間帯は昨年度開講時のものです。日程は受講生と講師の間で調整しますので、予定と異なる時間帯での開講や月ごとに変更する場合も ございます。

※ものづくりゼミは厳原町阿連地区にある阿連体育館で実地開催します(内容によって、別会場やオンラインでの開催あり)。研究員が週2日程度阿連体育館で作業しておりますので、都合によって平日作業にご参加いただいてもかまいません。

令和3年度 ゼミ活動テーマ一覧

ゼミ名ゼミ活動テーマ
環境陸や海の生き物の分布から対馬の成り立ちや特徴を考えよう
社会SDGsの視点で私たちのまちを見つめ直し、政策提言しよう
ビジネス社会的課題の解決に資するビジネスプランづくり
教育環境教育やESDなどのプログラムづくり
対馬の食資源を活かした新たな産品づくり(加工・調理・発酵の視点から)
持続可能性SDGsを現場で学び、私のSDGsプランを考えよう (持続可能な社会づくりのために、私たちができることを考えよう)
ものづくりIoTを通じてものづくりと工学の基礎を学ぼう
高校生SDGsを現場で学び、私のSDGsプランを考えよう

③仮想研究室

コミュニケーションツール「Slack」を活用し、ゼミ生や講師の普段の情報共有や意見交換等の場として仮想研究室を設けています。

■募集期間

 令和3年4月15日(木)から令和3年5月21日(金)
 二次募集 令和3年5月25日(火)から令和3年6月11日(金) 5月20日追記

■申込み方法

対馬グローカル大学ポータルサイトの申し込みフォーム(https://tsushimaglocal-u.com/)、もしくはお電話にてお申込みください。お電話でお申し込む場合は担当の者に以下お伝えください。ゼミへの応募多数の場合は、ゼミの定員枠ごとに申込内容(第1~第3希望、希望理由)により事務局で調整し、本人の合意の上決定します。

■その他

ご希望の方には『対馬グローカル大学ガイドブック』をお送りします。

お問い合わせ先
対馬市役所 しまづくり推進部 SDGs推進室(担当:高田・前田)

〒817-8510 長崎県対馬市厳原町国分1441番地 

Tel: 0920-53-6111(内線476)
メールアドレス tsushimaglocal[アットマーク]gmail.com 。※[アットマーク]を@に変えてメールをお送りください。

 

よくある質問

Q.受講のメリットはなんですか?
A. 受講を通して、対馬の自然環境や社会経済、歴史文化、そして対馬を取り巻く地球規模の問題について理解を深めることができます。また、ゼミでのワークショップや研究課題を通して、課題発見能力、企画遂行能力、プレゼンテーション力を身に着けることができます。

Q. 受講日のイメージを教えてください
A. web講義は基本YouTubeで受講します。都合のよい日時に受講してください。1か月に1~2回のペースで受講することをおすすめいたします。講師の都合によってはライブ形式でweb講義を実施します(※ライブ講義はビデオ録画し、その後YouTubeで受講できるよう先生方に相談しています)。
 オンラインゼミは、月に1回2-3時間程度を想定しています。日時は受講生と担当の先生の間で毎回調整する予定です。

Q. 費用はどのくらいかかりますか?

A. 受講料は無料です。ただし、受講に必要なパソコンやインターネット環境の整備は自己負担でお願いします。また、教材等の購入が必要になる場合も自己負担でお願いします。

Q. 研究テーマが決まっていません。大丈夫でしょうか?

A. 具体的な研究計画が決まっていなくても参加することができますし、受講後にテーマを変更することも可能です。Web講義やゼミ活動を通じ、よりよいテーマ・内容にしていきましょう。また、スタッフとは仮想研究室(slack)を通して、ゼミ以外の時間にも相談が可能です。

Q. 研究や論文作成の経験がありません。

A. 研究や論文作成の経験が無くても問題ありません。スタッフが研究を進めるためのサポートを行います。また、web講義の「方法論」の中でも、研究の進め方や方法など説明を入れる予定です。

Qすべての講義に出席する必要はありますか?

A. ゼミについてはなるべく全て出席することをおすすめいたします。オンラインゼミはゼミメンバー同士で日程調整をしてゼミを行います。参加できない場合は、当日の資料やワークショップの内容を共有いたします。
web講義はコースごとに一定数受講いただくことが修了要件となります。要件数以上自主的に受講いただくことは大歓迎します。

Q. 携帯電話のメールしか使えません。

A. 課題作成や課題提出にはパソコンのワードやパワーポイントなどを利用いたします。パソコンが利用できる環境を整えていただければ幸いです。
 受講時に使うソフトやアプリについては、事前学習講座を開催し、使用方法の説
明を行います。

Q. パソコンを持っていませんが参加することは可能ですか?

A. 受講内容については、パソコンでの受講と課題作成を推奨しております。パソコンの購入はご負担をおかけしますが、各自ご準備ください。